いちごの雫|和菓子処しず花

「いちごの雫|和菓子処しず花」のアイキャッチ画像

西区舘山寺にある和菓子屋「しず花」の大人気スイーツ「いちごの雫」を食べたので紹介します。

いちごの雫は苺大福に似ていて、もぎたてのように新鮮ないちごがとっても美味しいお菓子です。

いちごが取れる季節限定のお菓子で「並ばないと買えない」「予約しないと買えない」と噂のスイーツですよ!

舘山寺にある和菓子屋しず花の「いちごの雫」

しず花の外観

舘山寺温泉の温泉街にあるしず花さん。

いちごの雫の陳列

いちごの雫は「一代目あきひめ」「二代目きらぴか」「三代目紅ほっぺ」の3種類で、今回お邪魔した時は二代目のみ売り切れになっていました。

いちごの雫のパッケージ

今回は「いちごの雫」と「いちごの雫 紅ほっぺ」の2種類を購入。細長い和紙に包まれていて、高級感がありますね。

いちごの雫の外観

いちごの雫紅ほっぺの外観

いちごの雫の中身

いちごの雫の中身

いちごの雫紅ほっぺの中身

中には餃子くらいのサイズ感のいちごの雫が入っていました。求肥(皮)のそとからもくっきりいちごが見えますね。触った感じがとても柔らかいです。

食べてみた感想

いちごの雫の断面

白あんの甘みともちもちの求肥(皮)、いちごの酸味とフルーティさがとてもマッチしています。いちごの果汁が滴り落ちるくらい新鮮で、もぎたていちごを食べているようでとても美味しいです!

いちごの雫紅ほっぺの断面

いちごの雫紅ほっぺのほうは、甘みがより強く酸味も程よい仕上がりになっています。

いちごの雫を予約するには?

いちごの雫の予約

いちごの雫は当日店頭で購入する店頭販売のほかに、予約販売を行なっています。

予約は購入したい月の前月の第二日曜13:00から電話予約が開始されます。賞味期限が当日中のお菓子なので、購入したい日を指定して予約することができます。

今シーズン(2019-2020)の場合、12月に購入したい場合11月10日に予約、1月に購入したい場合12月8日に予約といった具合になります。

事前に購入した日が決まっている場合は、電話予約を使って購入するのが確実です。

いちごの雫を予約せずに確実に購入するには?

お店の方から聞いた話では店頭販売の場合、休日だと開店30分後(9:30)に来られた方でも当日分を購入できない事がある程人気のようです。

当日の店頭販売で確実に購入したい場合は開店時間の9時にお店に行くのがオススメです。

ただし開店時間に行っても既に行列が出来ている場合もあるので、できる限り早く購入したい場合は開店前にお店に行き、

正面入り口右側にあるインターホンを鳴らすことで番号札を受け取れますので、開店後に並ぶよりも優先で購入ができるようです。

※システムが変更になる可能性もあるので、詳細はしず花へお電話にてご確認ください。

詳細

商品名 いちごの雫
価格 250円
内容量 1個入り
賞味期限 当日
保存方法 お早めにお召し上がりください。
購入場所 和菓子処 しず花(はな)

 

この記事を書いた人

ぶらり浜松

ぶらり浜松

「ぶらり浜松(通称=ぶらはま)」は、浜松市を中心に静岡県西部エリアのちょっと気になる情報を発信するローカルメディアです。

投稿者の記事一覧

コメント(1件)

  • アバター ニコ より:

    しず花さんは、苺のしずくが有名ですが、梅のしずくやぶどう、かりんなど、季節ごとの色々な雫シリーズも美味です。

    また、老舗の和菓子屋さんなので、ぜひ他の和菓子やお餅も食べてみてください

    しずくだけ食べてだと、損しますよ〜

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です