失敗しない!浜松餃子の焼き方!冷凍餃子を焦がさずに焼くコツ

「失敗しない!浜松餃子の焼き方!冷凍餃子を焦がさずに焼くコツ」のアイキャッチ画像

せっかく浜松餃子をお持ち帰りしたら、焦がさずに美味しく焼き上げたいですよね。

この記事では、お持ち帰りした冷凍餃子を失敗しないで上手に焼くポイントをまとめています。

ぜひご家庭で美味しい浜松餃子を楽しんでください!

用意するもの

  • 冷凍の浜松餃子
  • 水150cc
  • ごま油(仕上げ用)

浜松餃子の焼き方

  1. 餃子を1個1個バラバラにする
  2. フライパンに軽く熱してから油をひく
  3. 一旦火を止めて餃子を並べる
  4. 強火にして水を150cc加える
  5. フタをして5分ほど蒸し焼きにする
  6. フタを開けて油をまわし入れる
  7. 中火で余分な水分を飛ばして焼き色がつくまで焼き上げる
  8. 焼き目がきつね色になったら出来上がり!

浜松餃子の焼き方を画像でさらに詳しく解説

画像と一緒にさらに詳しくポイントを解説していきます!

1.餃子を1個1個バラバラにする

生餃子工房いえやすの冷凍餃子

餃子の皮がくっついている状態で焼くと破れてしまう可能性があります。まずは冷凍餃子を1個1個バラバラにしましょう。袋やパックに入っている状態なら、平らな場所に軽く落とすようにして衝撃を与えてあげるとくっついている餃子がバラバラになります。

無理やり剥がしたり、衝撃が強すぎると、餃子が割れてしまう可能性があるので注意!

2.フライパンに軽く熱してから油をひく

浜松餃子の焼き方

次にフライパンを強火で熱して軽く温め、油を大さじ1杯程度入れます。

3.一旦火を止めて餃子を並べる

浜松餃子の焼き方

一旦火を止めて、餃子を並べていきます。浜松餃子らしく円形に並べていきましょう。

餃子はくっつけすぎると焼くのが難しくなります。少し隙間があるくらいで並べていきましょう。

4.強火にして水を150cc加える

浜松餃子の焼き方

餃子を並べたら火を強火にして水を150cc加えます。水の量は餃子の高さの1/3程度が目安です。

水を入れる時は、餃子に付いている打ち粉を流し落とすように水をかけていきましょう。打ち粉が溶け出し、パリパリの羽根つき餃子に焼き上がります。

5.フタをして5分ほど蒸し焼きにする

浜松餃子の焼き方

すぐにフタをして、そのまま5分ほど蒸し焼きにします。水がポコポコと沸騰する音が聞こえます。水の音が聞こえなくなると、焼き過ぎてしまう可能性があるので注意しましょう。

6.フタを開けて油をまわし入れる

浜松餃子の焼き方

フタを開けて水分を飛ばしたら、油またはごま油を回し入れます。油を入れることで焦がしにくくなります。

フライパンを軽く動かして、全体に油をなじませましょう。

7.中火で余分な水分を飛ばして焼き色がつくまで焼きあげる

浜松餃子の焼き方

餃子がえしで焼き色をチェックしながら、焼き目がきつね色になるまで焼きあげましょう。

8.焼き目がきつね色になったら出来上がり!

生餃子工房いえやすの浜松餃子

こんがりきつね色になったら、フライパンにお皿を被せるようにしてひっくり返せば出来上がり。

美味しく焼きあがった浜松餃子を楽しみましょう!

生餃子工房いえやすの浜松餃子

表面はパリッと焼きあがり、皮はモチっと!このハーモニーがたまりません。これぞ餃子の一番美味しい焼き上がり!

生餃子工房いえやすの餃子

美味しく焼き上げた浜松餃子を、ぜひ楽しんでみてくださいね!

いろいろな浜松餃子の焼き方マニュアルまとめ

浜松餃子のいろいろなお店の焼き方マニュアルを貼っておきます。

生餃子工房いえやすの焼き方マニュアル

生餃子工房いえやすの焼き方

【生餃子工房いえやす】子供が喜ぶチーズ餃子の実食レポ!口コミ&感想

かもちゃん餃子の焼き方マニュアル

かもちゃん餃子の焼き方

【かもちゃん餃子】スーパーで買える浜松餃子の実食レポ!口コミ&感想